仮面デプレッションって?【肉体的なダメージの方が先に出てしまう】

サイトメニュー

色々なタイプがあります

悩む男性

保険の適用も可能です

うつ病には落ち込みなどの精神的な症状と不眠などの身体的な症状のある一般的なうつの他に、複数の種類があります。例えば若い世代に多い非定型うつ病では、普通のうつ病とは正反対の過眠や過食などの症状が出やすくなります。また、産後のうつ病では、ホルモンの変化があったり子育てに対して不安を持つことによってこの病気になったりします。そして最近増えているうつ病としては、精神的な症状はあまり目立つことがなく身体的な症状だけが注目されやすい仮面デプレッションが挙げられます。この病気では寝つきが悪かったり頭が重かったりなどの状態が出やすくなりますが、それに対してうつに適した薬物を使うとよく反応しやすいと言われています。ただ仮面デプレッションの場合は、症状が出た場合にうつではなく自律神経失調症や更年期障害など他の病気と診断されることが多いので注意した方が良いでしょう。仮面デプレッションは軽症うつ病とも言えるので、重症になる前にできるだけ早くこの段階で正確な診断を受けることが大切になってきます。この病気の場合はうつ病としての診察となるので、初診では3000円〜6000円程度、その後は1回につき3000円程度になることが多いと言えます。また、うつ病では保険が適用となり、保険証を持っていけば払う費用は3割となるので忘れないようにした方が良いでしょう。さらに一般的なうつ病では3ヶ月か6ヶ月程度の通院が多いのですが、仮面デプレッションの場合は薬物療法に反応しやすいので比較的早く治療を終える可能性が高くなります。なお、うつ病に適した薬を使う病院を受診すると早めの回復だけでなく再発予防もしやすいので、その点でもこのような病院では評判の良いところが多いようです。ですから特に薬の影響が大きい仮面デプレッションの場合は、うつ病で薬物療法を受けた人達の口コミなどをチェックしてここならと思えるところを選ぶと良いでしょう。そして、仮面デプレッションであっても薬物療法だけでなくカウンセリングが必要なときもあり、その場合は1回につき5000円〜1万円程度の料金を払うことが多いようです。

Copyright© 2019 仮面デプレッションって?【肉体的なダメージの方が先に出てしまう】 All Rights Reserved.