仮面デプレッションって?【肉体的なダメージの方が先に出てしまう】

サイトメニュー

早く心療内科にかかろう

悩む男性

自分からは発見しにくい

仮面デプレッションは仮面うつ病と呼ばれる症状で、やる気がないとか集中力がないといった心因性の症状よりも頭痛や腹痛などの身体的症状が顕著に表れる症状です。うつ病と言えば心因性の症状が顕著になる病気ではありますが、仮面デプレッションは身体的症状が顕著になる病気ですので、仮面のように心因性の症状を隠してしまいます。本来はうつ病であるにもかかわらず、そういう診断がされずに長期化する傾向にあります。内科に通ったとしてもまともな診断が出ずに風邪と判断されたり、異常なしと判断されたりするケースもあるほどです。内科に行ったとしても根本的な症状が分からない場合にはとても不安になります。相変わらず体に症状が起きますからなおさら困ってしまうでしょう。そういう時に気落ちするのだけは止めましょう。気落ちしたとしてもますます症状が悪くなりますので、何とかストレスを解消する方向に持って行ってください。仮面デプレッションという病気はなかなか症状が分からないですので、そういう意味では手ごわい病気ではないでしょうか。自分から仮面デプレッションという病気だと分かることは難しいと言ってもいいでしょう。もしかすると、自分がうつ病にかかっていることすらわからないかもしれません。患者としても自分がうつ病だと信じられずに今日はたまたま頭痛がするということで、風邪薬を飲んで終わらせたりしますが、原因が分からないならばきちんと病院に行くべきです。内科でまともな診断が下されなかったならば、精神科もしくは心療内科に行ってみることをおすすめします。仮面デプレッションは自分に対して厳しい価値基準を持つ人がかかるケースが多く、内側にストレスを抱えてしまうことにより頭痛など身体に発症します。うつ病に特有な心因的な症状はそれほど出ていないことから、まだ軽症であることが多いです。それならば、いち早く抗うつ剤を服用して心も体も休めていく必要があります。それと共に、仮面デプレッションという症状についての理解を深めてください。この症状について少しでも理解を深めることによって、自分は病気だと認識して、少しでも改善するためにどうすればいいのかを考えることです。

Copyright© 2019 仮面デプレッションって?【肉体的なダメージの方が先に出てしまう】 All Rights Reserved.