仮面デプレッションって?【肉体的なダメージの方が先に出てしまう】

サイトメニュー

体の不調が強く出てきます

看護師

環境の変化や生死別を経験

現代はこころの病気に罹る人が増加していますが、仮面デプレッションは、仮面うつとも呼ばれており、うつ病の種類の一種です。仮面デプレッションは、抑うつ状態などの精神症状も見られますが、体の不調のほうが強く出る傾向があり、周囲の人も気付きにくいので発見が遅れることもあります。こころの病気になる原因は、転職や引っ越し、結婚、出産などを経験して、大きく環境が変わってしまったり、離婚や家族との死別などを経験したりして、一時的に大きなストレスを受けることで、発症しやすくなります。仮面デプレッションは、体の不調を感じて内科を受診しても、特に異常が見られないことが多く、精神神経科の病院やクリニックの受診を勧められることが多いです。一般的なうつ病に比べると、精神症状が軽い傾向があるため、抗うつ剤や抗不安薬などの内服薬を服用したり、カウンセリングなどの精神療法を受けたりすることで、症状が改善することが多いです。抗うつ剤などの医薬品は、比較的副作用の少ない薬も増えているので、しばらくは続けることが大事です。仮面デプレッションは、うつ病の種類のひとつですが、体の不調が強く出ることが多いため、本人も病識に乏しい傾向があります。頭痛や生理不順、動悸や息切れ、下痢や胃もたれなどの体の不調が続いていたり、意欲や気力の減退、不眠や食欲不振などが見られたりする場合は、精神神経科の病院やクリニックを早めに受診することが大事です。精神神経科の病院やクリニックでは、豊富な知識や経験を持った医師が在籍をしているので、日頃から困っていることや、悩みなどを相談することが大事です。仮面デプレッションは、過度なストレスが掛かると発症しやすいので、カウンセリングなどの精神療法を受けることで、病気の原因を知ることが出来ます。家族の協力が得られる場合は、なるべく病院に付き添ってもらうことが大事です。うつ病の患者は自分で自覚をしていないこともあるため、家族から話を聞くことで、最適な治療法を提案してもらえます。仮面デプレッションは、通院による治療が中心になりますが、十分な休息や睡眠を心掛けることも大事です。

Copyright© 2019 仮面デプレッションって?【肉体的なダメージの方が先に出てしまう】 All Rights Reserved.